公開履歴
女性の脚とバラの花

水虫の治療ということで処方されることが多いのがラミシールクリームです。
有効成分にテルビナフィンが含まれており、簡単にラミシールの効果で水虫を治すことができることで人気の薬です。

水虫の原因となる白癬菌も真菌の一つで、人の持つ免疫力で退治できれば良いのですが、それ以上の早さで白癬菌は増殖を続けていってしまうため自然治癒は不可能です。
そこでラミシールクリームの出番です。
使用することでテルビナフィンがスクアレンのエボキシ化の段階で、真菌エルゴステロールが生成されるのを阻害するのです。
同じく治療薬として使われることの多いニゾラールはケトコナゾールがCYPによりステロールのメチル化を阻害することから、エルゴステロールの生成が阻害されることとなります。
エルゴステロールとは真菌の細胞膜の成分であり、それぞれ阻害過程は微妙に異なるものの、これ以上白癬菌が増殖しないよう止めるという効果は同じです。

ラミシールには外用液や外用スプレーもあるのですが、ラミシールクリームが特に水虫治療で使われることは多いようです。
足の指の間の掻痒感を落ち着かせ、楽になるでしょう。
掻痒で掻き毟っているところに液体やスプレーだと刺激感が強すぎます。
白癬菌の活動が弱まったことで起こるその効果、でもそこで使用を止めたらまだ患部に菌は留まったままなので薬効がなくなるとまた活動を始めてしまいます。

後はそのまま増殖を阻害しつつも免疫力も加えて戦って、死滅まで追い込むようにしましょう。
ラミシールクリームとは数ヶ月間という長いお付き合いとなるはずです。
医師の処方箋を持って薬局にて購入するようにしましょう。
市販薬もあるため薬局だけでなくドラッグストアでも手に入る薬です。
病院で処方されると同様にテルビナフィンが含まれてはいるのですが、そもそも抗真菌薬である以上は真菌が関係する病気にしか効果を発揮することはありません。
念のため皮膚科にて病名を特定してもらってから処方してもらう方が安心です。
掻痒があったり赤くなったり、似たような症状を持つ皮膚病というのは様々あるのです。

市販薬としても出回っているラミシールクリームですが、アリルアミン系の抗真菌薬は副作用が少ないということでも知られているのです。
ただ、皮膚への影響を与える以上はそれが体質や体調によっては悪い影響として現れないとも限りません。
掻き毟っているからこそある程度の刺激感は当然のことで、多少であれば気にしなくともよいのですが、強く感じたり使用することで皮膚が赤くなる・じんましんや発疹が現れるというのであれば、すぐに使うのをやめて医師や薬剤師に相談するようにしましょう。
人によっては色素沈着・皮膚亀裂・灼熱感といった副作用が出てくることもあります。

副作用を起こしたくなければ用法用量を守ること、効果の高い薬であるがゆえに早く治したいと1日に何度も塗布しているようであれば、皮膚への刺激が強すぎて逆効果となってしまいます。
昔は水虫治療というと1日に何度もという塗り薬が主流でしたが、いまや1日1回のみでよくなっています。
特にキレイに他の菌を洗い流して、皮膚もふやけて薬が浸透しやすくなっているお風呂上りが最適でしょう。
足の指の間まできれいに洗ってよく乾かした後に塗るようにしてください。

ラミシールクリームは水虫がこれ以上勢力を広げないように生合成を阻害することで、力を発揮します。
すでに広範囲に渡っているならばそれだけ広く塗らなければならなくなりますし、不快な症状も多くなっていることでしょう。
足の指の間が赤くなったりといったちょっとした変化にすぐに気付き、早期発見早期治療が出来れば一番良いのです。
そのためにも日頃からフットケアを行いながら足の観察をしておくようにしましょう。